サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 虫歯になりやすい条件 | main | H30年度 冬季休暇のお知らせ(12/30〜1/4) >>

 歯が痛むのは、虫歯が歯の表面のエナメル質を越え、その下の象牙質まで及んでしまったのが原因です。これはむし歯の進み具合でいうと、少々重症な虫歯ということができます。
 象牙質には象牙細管と呼ばれる管が走っており、この中には象牙質を作っている象牙芽細胞の突起部分と組織液がはいっています。熱いものや冷たいもの、摩擦などで葉に痛みが走るのは、これらの刺激によって組織液が膨張したり収縮したりして動き、その動きが歯髄の近くにある痛みを感じる神経を刺激しているから、とされています。
 また、歯の痛みには「鋭い、突き刺すような痛み」と「鈍く、ズキズキとした痛み」がありますが、これは「鋭い痛みを伝える神経」と「鈍い痛みを感じる神経」の2種類の神経があるためです。熱いものや冷たいものがしみた時には「鋭い痛みを伝える神経」が働き、虫歯が進み歯髄炎を起こしたようなときには「鈍い痛みを伝える神経」がはたらいているのです。虫歯の痛みがどちらの種類のものかによって虫歯の進み具合を測るバロメーターにもなるので、歯医者さんにかかる場合は事前に口頭で伝えておくようにするとよいでしょう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://topics.sakuma-do.com/trackback/1425661
トラックバック
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE