サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 口の中で繁殖するヌルヌルの『バイオフィルム』 | main | バイオフィルム >>
口の中で繁殖するヌルヌルの『バイオフィルム』

口腔内には、たくさんの細菌や真菌が棲み着いています。これが集団を作ってヌルヌルした糊状の層となったものが、
バイオフィルム(細菌叢)です。バイオフィルムは、口腔内だけではなく、いろいろなところにも見られます。
さらに体の免疫系にたいしても強力なバリアがあって、なかなか排除されませんし、抗菌剤なども侵入できないのです。
また、病原体を高め、体に悪影響を与える毒素を出して炎症を起こします。それが、歯周病です。
口腔内のバイオフィルムは口のなかだけにとどまらず、寝ている間に体の中にも入っていきます。
それが誤嚥性肺炎の原因となります。
『歯垢の中には、500種類以上の細菌が存在し、バイオフィルル状態となって歯周ポケットなどにしっかり張り付いています。
歯周病を治療するためには、専門的な口腔ケアでバイオフィルムごと破壊して除去する必要があります。』
         
                                     (顎咬合学会小冊子より)

 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://topics.sakuma-do.com/trackback/1425651
トラックバック
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE