サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 9月のお休み | main | 歯の色が黄色くてとても気になるのですが… >>
 正しい歯みがきに欠かせないのが「適切な歯ブラシ」です。適切な歯ブラシを使わなければ、一所懸命に歯をみがいても効果は半減します。現在は、さまざまな種類の歯ブラシが市販されています。
 選ぶポイントとしては、
◆天然毛よりもナイロン製のもの
◆毛束が少なくヘッドの小さいもの
が挙げられます。
 ナイロン製は品質も安定していて、乾きも早く衛生的です。また、毛束が多く、ヘッドも大きいと、歯の間や歯と歯肉の間のポケットと呼ばれる場所に上手に挿入することができず、磨き残しを作る原因となります。
 この2つのポイントを基本として、虫歯予防が目的なら「プラークを掻きだせるように、やや硬めで比較的コシの強いもの」を、歯周病予防が目的なら「炎症を起こしている歯肉を傷めないように、毛の先が丸く、少々柔らかめでしなやかな毛のもの」を選ぶとよいでしょう。
 更に歯ブラシの衛生・管理についても気をつける必要があります。使った後は必ず乾燥させておくことを心がけてください。
 また、歯ブラシを取り換える目安は、1か月に1本と覚えておくとよいでしょう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://topics.sakuma-do.com/trackback/1425641
トラックバック
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE