サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 冬期休診について。 | main | 「食後は必ず歯みがきを!」は本当? >>
 普段入れ歯をお使いの皆さん、入れ歯の調子はいかがですか?よく噛めていますか?出し入れはスムーズに出来ていますか?もし不調があれば歯科でみてもらい調節をしてもらいましょう。さて義歯をお使いの方も多くいらっしゃいますが、普段のお手入れ方法や義歯の正しい扱い方を実はよく知らないという方もたくさんおられると思います。そんな方のために今日は義歯の正しい知識を少しお話したいと思います。 

○付け外し時の注意点○

1. 部分義歯(自分の歯が残っている方)の場合は、鏡を見ながらクラスプ(細い金属の爪)を自分の歯に合わせたら、指で垂直に押さえて入れる。
 
 慣れてくると口の中に義歯をポンっと入れ、噛みこんで装着する方がいらっしゃいますが、これはクラスプがかかっている自分の歯にものすごい負担がかかっています。クラスプが変形したり折れたりする原因にもなるので必ず指で押さえて入れましょう。

2. 外すときは両手で左右同時に浮かせて外す。

 これも部分義歯の方は特に気をつけましょう。クラスプがかかっている歯には想像以上にかなりの負担がかかっています。全体的に歯がぐらついている方は義歯が原因で他の歯が抜けてしまうことも少なくありません。

○義歯の正しい扱い方○ 

1. 義歯は熱と乾燥に弱い。
 
 義歯はプラスチックのような材質なので、洗うときなどに熱いお湯であらうのは変形の原因になります。(ぬるま湯ならOK)また、外している夜間などは洗って乾かしている方もいるかもしれませんが、乾燥によりこれも変形の原因になってしまいます。口に入れていないときは、水またはポリデントなどの消毒液に漬けておいて下さい。 

2. 食後は毎回はずして洗うこと。

 義歯は自分の歯ではないのでどうしても裏側に食べたものが入ります。これは一度外してきれいにしましょう。そして自分の残っている歯の歯みがきをします。

3. 義歯に歯磨き粉は使わない。 

 義歯はプラスチックなので研磨剤が入っている歯磨き粉で義歯をみがくと、目には見えない細かい傷がたくさんついてしまいます。その傷に菌が入り込み繁殖させてしまうので、歯磨き粉は絶対に使わないようにしましょう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://topics.sakuma-do.com/trackback/1425631
トラックバック
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE