サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 子どもの虫歯は親の責任!? | main | 歯にも寿命というものがあるのでしょうか? >>
  

 歯のエナメル質は、ハイドロキシアパタイトという結晶鉱物から構成されています。フッ素は、この「ハイドロキシアパタイト」の結晶を酸により強い「ハイドロキシフルオロアパタイト」に変化させ、虫歯になりにくい歯を作ってくれます。さらに、初期の虫歯であれば、虫歯に付着したフッ素が、再石灰化という現象を起こして虫歯の進行を止めたり、虫歯菌がプラーク(歯垢)や、酸を作りだしたりするのを抑えるという働きをしてくれます。
 

 ある地方で歯の奇形が発見され、その原因究明に村の飲料水を調査した結果、普段の飲料水に含まれているフッ素の量が異常に高いことが判明しました。そこで他の村人たちの歯にも歯の奇形がないかを調査したところ、その村の人達には虫歯も少ないことが判明したのです。歯の成分の中にもフッ素の多い歯は丈夫で虫歯になりにくいということが判ったのです。そしてフッ素は飲料水として体内から吸収すれば効果的ではないかと思うのですが、フッ素塗布やイオンスプレーによる1~2回の利用では効果はないと思われます。
 

  
 
 ただし、たとえフッ素を塗布したからといって、それで虫歯予防が完全にできたわけではありません。虫歯を防ぐ一番の方法は、やはり正しい歯みがきで、口の中の食べカスやプラークをきれいに取り除いてあげることです。口の中をきちんと清潔にし、そのうえでフッ素を使ってより虫歯予防を強化させること。フッ素塗布はあくまで三次的な予防方法であることを忘れないようにしましょう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://topics.sakuma-do.com/trackback/1425627
トラックバック
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE