サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 子供の虫歯は進行が速い | main | 歯科診療費は、一般の医療費と比べると高い? >>
 乳歯は妊娠7週目からつくられ始めて、生後6ヶ月を目安に下界に顔を出します。生後6ヶ月というのは、母乳を飲みながら、なおかつ離乳食も食べ始める時期です。そして、2歳半頃には完全に生え揃います。
基本的に、乳歯を虫歯から守るためには、歯が生え始めたときから、何らかの方法で歯に食べカスやプラークを残さないことが大切です。ですから、生後6ヶ月経ち、乳歯が顔を出し始めたら、親は虫歯予防に対する意識をきちんと持っておくようにしたいものです。
特に奥歯が生え出したら、本格的に虫歯予防をスタートさせる必要があります。奥歯は、前歯と比べて溝の形が複雑なため食べカスなどがたまりやすく、それだけ虫歯にかかる率も高くなります。虫歯はまず奥歯から発生することが多いので、歯磨きをきちんと行いながら、歯科医にかかって定期的に検診を受けるようにしましょう。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE