サクマ歯科医院からの診療ニュースです。
<< 赤ちゃんが偏食し始めたら虫歯にご用心 | main | 歯科診療費は、一般の医療費と比べると高い? >>
 聞き慣れない言葉ですが、近年、歯科医の間で「日本人のデンタルIQを高めよう」との動きが出ています。デンタルIQとは、虫歯や歯周病などの治療と予防に対し、患者がどの程度気を配っているのかを表す認識度・理解度のことをいいます。
「デンタルIQが高い」とはすなわち、口の中の病気予防や衛生に関する関心が高く、正しいブラッシングや定期検診などをきちんと行っているということ。欧米諸国は概してデンタルIQが高く、反対に日本はかなり低いのが現状です。公用で日本を訪れたアメリカの政治家が、「日本人は口が臭くて苦手だ」とこぼしたという話がありますが、今の日本人のデンタルIQの低さから見ればそれも無理からぬ話です。
歯の大切さは失ってみないと分からないといわれます。虫歯が痛みだしたり、歯がグラグラしてきたら、病状はかなり進行していると考えて違いありません。自分自身のデンタルIQを高めることで、健康な歯は健康なままに保て、病気の歯は手遅れになる前に健康な状態へと戻すことができるのです。自分の歯を少しでも長く残せるように、ぜひデンタルIQを高めましょう。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE